無線lanは顧客のホテル選びで重要な要素となる

   

今や一人1台のスマートフォンと、タブレット端末を持つのは当たり前の時代です。これまで宿泊先でインターネットを利用しようとすると有線のLANケーブルを使用して接続させるケースが一般的でしたが、顧客のニーズはもう優先lanにはありません。手持ちのスマートフォンやタブレット端末にはそもそもLANケーブルを指す場所がなく、wifiで接続させること前提となっている製品が圧倒的です。有線ケーブルしか設備がないと、顧客は宿泊先を選ばないことも起こります。
宿泊の際の快適度や立地、食事よりも無線lanが利用できるかどうかを優先させる顧客は少なくありません。実は、wifi設備導入をしていないがために、顧客獲得の機会を逃しているかもしれません。経営者にとって、無線lanを導入しないことは経営リスクに繋がる時代になっています。

ビジネス客は宿泊先でも仕事を行う

今の時代、パソコンやタブレット端末、スマートフォンがあればいつでも、どこでも仕事が出来る時代です。国内はもとより、インターネット環境さえ整っていれば、海外の出張先でも仕事を行うことが出来ます。これはインターネット環境がない場所では全く仕事にならないことを意味しますので、ビジネス利用の顧客にとっては無線lanの有無はとても重要になります。
もしないのであれば、wifiルーターなどを利用すれば良いと考える経営者もいるかもしれませんが、それだけの手間をまだそのホテルに泊まりたいと思わせるプラスアルファの要素がなければ選ばれることはありません。プラスアルファの要素にどれだけのコストをかけられるのか、快適なwifi環境を導入することで得ることが出居る集客効果を考えながら検討する必要があります。

海外旅行客はwifi環境が必要

自身が海外旅行に行った時のことをイメージすると分かりやすいものですが、海外ではwifi環境がなければとても困るものです。国際電話で通話をしてしまうと高額な料金を請求されてしまいますので、通話アプリなどを使って現地でやり取りをするはずです。海外に行けばSNSへのアップもすぐにしたいものですし、家族にメールを送って報告をしたい時もあるでしょう。
そのような時にインターネットに接続できる環境がないのであれば、そのホテルは選ばないでしょう。
その逆のパターンが日本に来る訪日観光客にもあてはまると考えるとどれだけwifi環境が重要が理解しやすいはずです。特に海外に行くと色々な情報を現地で集めることもありますので、落ち着いて調べ物が出来るホテルでのインターネット環境はとても重要です。

関西では病院・福祉施設での導入実績が300件以上になります。 関西エリアの大阪や奈良、京都にある病院向けに導入をおすすめしています。 ナースコールシステムの販売や施工などのご提案をしております。 UTMソリューションの導入で社内のセキュリティ対策を更に強化しましょう。 通話録音装置で自動録音ができる機能をわかりやすく紹介しています。 ホテルでの無線lanは非常に便利な物なので導入するために参考にしてみましょう

ピックアップ記事

無線lanでホテルのインバウンド対策

海外から観光客がたくさん来るようになりました。しかし、外国人観光客が多い他国と比べると日本はまだまだインフラ整備が不十分です。多くの外国人観光客はスマートフォンを持っています。どこの国に行っても大体使...